佐々木虎はハーフ?モーグル習得は独学!岩手出身で三兄弟でスキー

スポーツ選手
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

モーグル選手の佐々木虎(たいが)さんはモデルみたいにかっこいいです。

自分でもインスタに“濃い顔とつながりたい”というハッシュタグをつけて発信しているほどハーフ顔なのですが、実際のところハーフなのでしょうか?

岩手出身ということで、応援したいと思いちょっと調べてみました。

今回は、モーグルで世界を目指す岩手県出身の佐々木虎さんについてお伝えします。

佐々木虎はハーフ?

モデルみたいなハーフ顔のイケメンですね!

1998年2月28日生まれの23歳。岩手県盛岡市出身です。

ハーフなのかなーと思い、調べてみたらインスタのインタビューのなかでハーフではないと答えていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ai Yoshinaga/吉永愛(@a.i.yy)がシェアした投稿

「ハーフなんですか?」

「よく言われるんですけど、純日本人です」

と答えています。

純日本人でこの顔なんですね!ちょっとびっくりです。

SNSの発信もやっています!

YouTubeのToger’sチャンネルはこちら

インスタグラムはこちら

 

モーグル習得は独学!

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木虎 ⚡︎(@taiga_ssk)がシェアした投稿

小学4年生からモーグルを始めたそうです。
テレビで見たことがきっかけで、モーグルの魅力にハマりました。

でも、岩手県にはモーグルを教えてくれるスクールはなかったので、長野から来ていた出張レッスンで基礎を学んだそうです。

中学時代は冬以外は体力づくりを目的に柔道部と駅伝部に所属しました。
柔道の実力もあり、盛岡市の大会で優勝する経験もしています。

高校入学時は、モーグルがインターハイ種目にはなかったのもあり、続けるか迷ったそうです。でも、モーグルなら日本人でも世界一になれると、強い気持ちで1人だけの練習に取り組んだ結果、3年生の時全日本選手権で9位に入りました。

大学は、同年代の堀島選手と同じ中京大学へ。世界ランク上位の堀島選手の滑りを間近に見ながら練習し、パフォーマンスをあげたいと考えました。

大きなけがも経験しました。
大学2年の12月に試合直前の合宿で右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷の大けがをしてしまいます。
復帰まで1年かかったものの、その期間は自分の取り組みを見つめなおす貴重な時間だったと語っています。

復帰戦では優勝を果たし、以前よりパワーアップしている感じです。

佐々木虎さんは、SNSでの発信も精力的に行っていて、競技を続けるジュニア選手がひとりでも多く増えることを願っています。

岩手出身で三兄弟でスキー

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木虎 ⚡︎(@taiga_ssk)がシェアした投稿

佐々木虎さんは三兄弟の真ん中で

お兄さんは白馬(シルバ)さん、弟さんは流星(りゅうせい)さん。

三人ともかっこいい名前ですね。

幼い頃から3人でスキーをしていました。ご両親もスキーをされるスキー一家です。
写真は、中央が虎さん。

 

佐々木虎はハーフ?モーグル習得は独学!のまとめ

モーグルの佐々木虎さんはハーフ顔のイケメンですが、純日本人だということがわかりました。

岩手県出身で、家族でスキーをする一家で育ち、三兄弟は長男が白馬(シルバ)さん、
真ん中が虎(たいが)さんで弟さんが流星(りゅうせい)さんです。

地元ではモーグルを教えてくれる人がいなかったので、虎さんは独学で学びました。
大きな怪我も経験しましたが、さらに精神的にも強くなったようです。

インスタやYouTubeでも発信していて、料理も得意な虎さん。
多才な面も見ることができるので、ぜひアクセスしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました