「妻、小学生になる」主題歌タイトルは?歌手優河のプロフィールも

気になる番組
rauschenberger / Pixabay
スポンサーリンク

TBSの金曜ドラマ「妻、小学生になる」は毎田暖乃ちゃんの演技がすごいと話題ですが、ドラマを見ていると絶妙なタイミングで切ない歌声が聴こえてきます。

透き通るような繊細な歌声で、ドラマの切なさを際立たせています。

この曲はなんというタイトルで、誰が歌っているのでしょうか?気になったので調べてみたら主題歌を歌っている女性シンガーの意外な家族構成もわかりました。

さっそくお伝えしていきます。

「妻、小学生になる」主題歌タイトルは?

「妻、小学生になる」のドラマが盛り上がる場面になると聴こえてくる歌は、とても透き通る美しい声です。

歌っているのは優河(ゆうが)さん。

「妻、小学生になる」の主題歌として書き下ろした曲のタイトルは「灯火」です。

タイトルの読み方がわからなかったのですが「とうか」「ともしび」のいずれかです。わかったら追記します。

プロデューサーの中井芳彦さんが、主題歌に合う女性の声を探していたところ、舞台上で歌う優河さんを見つけたのがきっかけでした。

素晴らしい歌声に感動し、主題歌をお願いすることとなったということです。

もちろん、完成したこの主題歌に大満足だということです。イメージ通りに仕上がったんですね。

優河のプロフィールも

 

この投稿をInstagramで見る

 

優河(@__y_u_g_a__)がシェアした投稿

優河さんは、「サントリー天然水」のコマーシャルでおなじみの石橋静河さんのお姉さんです。

動画を見ると、ふたりとも歌がとっても上手い!英語の発音も♡
そして、自然体でいい雰囲気。仲もよさそうでいいですね。

ふたりのお父さんは石橋凌さん。お母さんは原田美枝子さん。じつは優河さんのご家庭は芸能人一家だったんです!

優河さんは今年で30歳。1992年2月2日生まれです。妹の静河さんは27歳。

優河さんの活動は2011年から。シンガーソングライターとして始まり、2019年の映画「長いお別れ」の主題歌「めぐる」を書き下ろし、同タイトルのEPをリリースしました。

全国各地でツアーライブやフェスへの参加で活動し、テレビCMのナレーションや歌、サウンドロゴなど幅広く活動展開しています。

また、2020年にはミュージカル「VIOLET」で主演のヴァイオレット役を務めました。

そして今回の「妻、小学生になる」で主題歌「灯火」を書き下ろし。美しく繊細な歌声で視聴者を魅了しています。

ツイッターでも、この挿入歌に泣かされるといった声が多数ありました。

挿入歌、良すぎる…何度も聴いてしまう

 

子役の演技がうますぎてめちゃちくちゃ泣ける
挿入歌も切ない

 

残された人達、先立った辛さ、もう一度再開して繋がってみんなの想いが泣けます
挿入歌の「灯火」がまたいい感じで流れてきて涙が止まらない

 

「妻、小学生になる」主題歌タイトルは?のまとめ

「妻、小学生になる」は泣けてくると評判のドラマ。

俳優陣たちの演技もいいのですが、いいタイミングで聞こえてくる挿入歌が切ないです。

この歌のタイトルは「灯火」。このドラマのために書き下ろされた曲です。

この歌を歌っているのは、優河(ゆうが)さん。1992年生まれの30歳。
優河さんの妹は女優の石橋静河さん。両親は石橋凌さんと原田美枝子さんです。

優河さんはとても美しい歌声をしているので、これからもぜひいろんな曲を聴かせて欲しいと思います。活躍を応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました