椎名林檎グッズに注意喚起!ヘルプマークの認知向上効果もあった?

気になる話題
AndrzejRembowski / Pixabay
スポンサーリンク

椎名林檎さんの新作の得点グッズが、ヘルプマークに酷似していると話題です。

実際に街なかで「それ、椎名林檎さんのグッズですか?」と声をかけられた事例もあり、精神疾患でヘルプマークをつけていたかたが戸惑ったことがあったようです。

ヘルプマークに酷似しているグッズはどんなデザインだったのでしょうか、またネットでの反応も一緒にご紹介していきます。

椎名林檎グッズに注意喚起!

作製したのは、ユニバーサルミュージックです。

東京都から対応を求められ、現在は「対応を協議中」とのことです。

ヘルプマークとは、どんなものなのでしょうか?

周りの人はどう気をつけたらいいのかわからなかったので、調べてみました。

ヘルプマークとは

障害や疾患などがあることが外見からは分からない人が、支援や配慮を必要としていることを周囲に知らせることで、支援を得やすくなるよう東京都福祉保健局が作成したマークです。

https://snabi.jp/article/163

一見、障害があるとわからなくても、助けが必要な場合があることを知らせるマークなんですね。

長時間立っているのがつらいとか、字を書くことが難しいなどこのマークを付けている人が困っている様子なら声をかけて助ける補助の役目を果たします。

東京都から始まり、ヘルプマークの使用は全国に広がっているようです。

ちなみに、赤十字のマークは「ジュネーブ条約」により、使用方法などが厳格に定められているため今回の使用についても問題視されています。

ヘルプマークの認知向上効果もあった?

ヘルプマークに酷似しているグッズについて、ネットの反応はどのようなものだったでしょうか?

私も、ヘルプマーク使ってます。
保健所の職員さんはわかってらっしゃるけど、市役所の職員は単なるグッズとしか思ってない言動でガッカリした記憶があります。
いっそ林檎さんにヘルプマークをアピールしてもらえないですかね?
よく似てますけど実はこのマークはって!
影響力のある方ですし良いのではないでしょうか?

 

ヘルプマークを付けている人、素晴らしいと思います。
ただし、何人のヘルプではない人の声掛けがあるのでしょうか?
その人数が許容範囲でないと思はれるのですね
自分の許容範囲を広げてみようと
考えるのは如何でしょうか?
私は、ヘルプマーク知りませんでした。
今回のことで、認知することができました。

 

仮に椎名さん側が知らなかったにしても酷似してるし紛らわしい。
早急に対応しないと。
でもこの件で少しだけヘルプマークというものの存在を世間の人が知れたら救いの手は増えるのかもしれない。

ヘルプマークを実際に使っている人からは、機能しないのは命取りになるという意見もありました。

その反面、今回の1件によりヘルプマークのことを知ったというかたも多く、認知される機会となったという意見も多かったです。

実際、筆者もヘルプマークの存在は知っていましたが、つけてる人に会った場合周りは何をすればいいのかわからなかったので調べるきっかけになりました。

ヘルプマークをつけることによって、社会のなかでなんとか生活できるひとにとっては死活問題なので、グッズと混同されることは避けたいですね。

それでも認知度はまだ低いのかなーと思いました。

東京都と椎名林檎さんが協力したら認知度があがりそうな気がするのは勝手な意見でしょうか。

まとめ

椎名林檎さんの新作に付属のグッズがヘルプマークに酷似していて、事務所が対応を求められています。

ヘルプマークを実際に使っているひとが困っているとのことで、ユニバーサルミュージックは対応を検討しているところです。

ヘルプマークは、一見障害がわからないひとがつけることによって、周りの人が必要なことを援助しやすいという効果があります。

しかし、ヘルプマーク自体の認知度がまだ低く、椎名林檎グッズの話題になったことで知ったというかたも多く見られました。

まずは正しく認知されることが必要なのではと思う一件でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました