ローラが時代のカリスマになった理由とは?初耳学で語った人生論

気になる人物
JillWellington / Pixabay
スポンサーリンク

ローラは現在、アメリカ合衆国のロスアンゼルスに住んでモデル、起業家として活動しています。

5月2日10:15からTBS系で放送の「初耳学」に「時代のカリスマ」として登場し、林修さんのインタビューを受けました。

その中で、ローラならではの価値観や人生論を語っていました。そのことから起業家として成功している理由がわかりましたのでご紹介します。

今回は「ローラが時代のカリスマになった理由とは?初耳学で語った人生論」と題して、ローラが林修さんの番組「初耳学」で時代のカリスマとして取り上げられた理由と、その人生論についてご紹介します。

ローラが時代のカリスマになった理由とは?

林修さんが司会を務める「初耳学」にローラさんが「時代のカリスマ」として登場しました。

現在は、ロサンゼルスに住んでいて、モデルをしながら時々テレビにも出て、そして起業家としても活動しているということです。

その起業の名は「STUDIO R330」

環境問題や教育問題などについて取り組むライフスタイルブランドということで、インドネシアの工場まで視察に行ったりして自らビジネスの交渉に動くこともあるそうです。

例えば、通常はデニム1本を作るのに水を3800L使っていますが、ローラの会社では水をリサイクルすることで水の使用量を減らしています。

また、素材にも気を使っていてリサイクルのものを多く使っています。

こちらが「STUDIO R330」のサイトです。

STUDIO R330
『Essentials for a good life』をスローガンに掲げた新しいライフスタイルブランド『STUDIO R330』。「地球にも人にも優しいことを、できる事から少しずつ始めていきたい」との思いから、約2年の歳月をかけて実現させた。 全てのクリエイティブにはローラが携わりファッションをはじめとしたコンテンツ...

 

日本にいたころはモデル出身の明るい女の子というイメージでしたが、日本を飛び出し、起業家として活動するようになったことで「時代のカリスマ」となったんですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

MORINGA CLEANSE(@moringa_cleanse)がシェアした投稿

ですが、起業家とモデルというだけでなく、カリスマと言われる所以はその考え方だと感じました。

そのことについてもお伝えしますね。

 

初耳学で語った人生論


生まれてすぐにバングラデシュで暮らしていたローラ。

バングラデシュでは自然の中で暮らしていて、木の上でフルーツを食べたりして過ごしていたそう。

両親はローラが1歳の時に離婚し、日本に帰国後、父は中国人の女性と再婚しました。

ローラが話せるのはベンガル語、義理の母は中国語しか話せなかったため家の中でコミュニケーションがとれなかったといいます。

学校でも言葉が通じなかったため、小学校の記憶がないと語っていました。

結構辛い子供時代ですが、そのせいかローラは常にポジティブでいようと考えています。

ロサンゼルスに行ったことも、自分にとって必要な選択だったと語っています。

「ロサンゼルスの人たちは、会社に行くまえに朝から運動。ジムに行って運動してから通勤する。
運動していくと、体がきれいになるだけでなく心もポジティブになってくる」

「心と体を大切にしている人が多い」

そんな環境で、本来の自分を取り戻すことができたといいます。

さらに

「ネガティブなことを言うと自分に返ってくる」

「自分が選択したことで人生は成り立っている」

「言霊のちからってあると思う」

と、ローラなりの人生論についても語っていました。

ローラのポジティブ思考は、ただ単に能天気なのではなく信念に基づいたポジティブ思考だったんですね!

斎藤ひとりさんの「ツイてる!ツイてる!」と同じですね。

サク
サク

成功する起業家のマインドだね!

ツイッターでもローラの人生観に感動した人が。


私もローラの考え方好きです。

そのうち本出してくれたらぜひ読みたいなーと思っています。

 

まとめ

林修さんが司会を務める「初耳学」にローラが「時代のカリスマ」として登場し、林さんのインタビューを受けました。

現在はロスアンゼルスに住んでいて、モデルやテレビ出演の仕事もしつつ今では起業家として活動しています。

環境問題や教育問題などについて取り組むライフスタイルブランド「STUDIO R330」をたちあげ、リサイクルを活かしたファッションなどを提案しています。

また、ローラなりの人生観も番組内で語っていて、常にポジティブなのは自分の決定が人生を作っていると考えるから。言霊もとても大切に思っています。

今回は「ローラが時代のカリスマになった理由とは?初耳学で語った人生論」と題して、林修さんが司会を務める「初耳学」にローラさんが時代のカリスマとして登場しインタビューを受けたこと。

またそこで語られた人生論がローラさんを起業家として成功させていることがわかるとご紹介しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました