J.Y.Parkは理想の上司?人を育てるテクニックがすごいと評判

気になる人物
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

韓国のアイドルグループをプロデュースするJYPエンターテインメントの創始者、J.Y.Park(パク・ジニョン)の人気がどんどん上がっています。

2PMやTWICEなどを輩出してきた彼ですが、その人材育成方法がすばらしく「こんな上司ならついていきたい」と思わせる教え方をするようです。

人を育てるのに苦労している人たちからも注目されているJ.Y.Parkの人材育成法とはどんなものでしょうか?

今回は「J.Y.Parkは理想の上司?人を育てるテクニックがすごいと評判」と題して、J.Y.Parkが理想の上司と言われる理由や、人を育てるテクニックについてご紹介したいと思います。

J.Y.Parkは理想の上司?人を育てるテクニックがすごいと評判

[Nizi Project] Part 1 #1-1

niziUプロジェクトのオーディション風景を見ていると、J.Y.Parkはひとりひとりをとても尊重して丁寧に対応しています。

まずは「お会いできて嬉しいです」と日本語で挨拶をします。海外の人ならではの挨拶だと思いますが、いい言葉ですよね。相手を尊重している言葉だと思います。

そして、審査しながら満面の笑顔になったり、感心したり、驚いたり。

その感情を丁寧に言葉にして相手に伝えます。

「審査員」というと上から目線であまり多くを説明せず「自分で考えろ」的なイメージがありますが、J.Y.Parkは丁寧に自分がそう思う理由や根拠を、相手が理解できるように話してくれます。

韓国人の彼が日本語で語るというところにも、誠実さが表れています。J.Y.Parkは日韓合同プロジェクトのために意思疎通を図るため日本語を勉強しました。

とても上手に日本語を使っています。

自分がとても努力をする人だからこそ、説得力があります。

niziUに選ばれたメンバーに対して話した内容も心に刺さるものでした。

J.Y.Parkが大切にしている3つのことについての話の内容を以下にまとめました。

真実 誠実 謙虚この3つがJYPが追及する価値です。

真実とは、隠すものがない人になること。

カメラの前でできない言葉や行動は、カメラがない場所でも絶対にしなででください。

気をつけようと考えないで、気をつける必要のない立派な人になってください。

誠実は、自分との戦いです。毎日するべきことをすること。

自分自身に鞭を打って歌の練習、ダンスの練習、語学の勉強などをずっと続けていたら、それが積み重なって君たちの夢を叶えてくれます。才能が夢を叶えるのではありません。

謙虚は、言葉や行動の謙虚ではなく心の謙虚です。自分自身が常に足りないと思って

隣にいるみんなの短所ではなく長所だけをみて心から感謝すること。それが謙虚です。

この3つは、僕も今まで努力してきました。

君たちもこの3つを心に深く刻んで世の中に良い影響を与えるスターに成長してください。

やはり、J.P.Park自身がとても努力をする人なのがはたからもわかるので、説得力があります。

また、競争の激しいアイドルの世界にあっても、自分の価値を見失わないように丁寧に話していました。

自分は今の自分で十分。自分のありのままの姿が特別だとそう思う日がくるべきです。

 

皆さんがここで26位になっても脱落したとしても、皆さんが特別でないということではありません。1位でも26位でも皆さんは特別です。

1人1人が特別でなかったら生まれてこなかったはずです。

niziUに選ばれた皆も言っていましたが、誰かが風邪っぽいと見るとまるでお父さんのように「大丈夫?」と気遣ってくれるそうです。

また、ひとりひとりに誠実に対応してくれて、些細なところまで気がついて優しい言葉をかけてくれると話していました。

また、笑顔を見せてくれるとみているこちらも笑顔になり、エネルギーがもらえるとも。

確かに、あの笑顔は周りも幸せにしてくれます。

サク
サク

いい笑顔!


 

理想の上司とは

「理想の上司」とはどんな人をイメージするのか、調べてみるとCancanで行った調査の結果が検索のトップに表示されました。

引用:https://cancam.jp/archives/548520

1~5位すべてを見ても、J.Y.Parkはぴったり当てはまるのではないでしょうか。

例えば「指示が分かりやすい」

オーディションの動画を見ていても、きつい助言をもらった人でもその内容に納得していました。

ダンスに自信のある子が、みんなの前で見事なダンスを踊って見せました。周りの子たちも「とてもダンスがうまい」と絶賛していました。

でも、いつも朗らかなJ.Y.Parkの言葉は厳しいものでした。

「みんなは、とても上手なダンスだと思ったでしょう。でも、そのダンスは自分のために踊っているように見えました。見ている私のことは目に入っていないようでした。

アイドルは、見ている観客のために歌ったり踊ったりするものです。」と。

確かに、ダンスの上手な彼女は、自分のダンスの技を見せつけたいという動機で踊っていました。

「でも、確かにここはアイドルになるためのオーディションの場所でした」と厳しい助言にも納得していました。

サク
サク

納得できる指導。

オーディションも最初はとても褒めたり、感心したりしていましたが、そこから本格的に指導していくとなると厳しい言葉も言っていました。

教える段階によって、どの程度厳しくするかの基準が自分の中で決まっているんですね。

やはりいい上司は、甘やかすだけではなく、上を目指すためには厳しい言葉も使って鼓舞するんですね。アメとムチを巧みに使いこなしています。

でも、J.Y.Parkの話していることに納得しているので、みんな涙を流しながらも必死で頑張っていきます。

彼の手掛けたグループが軒並みヒットしているのが、そのプロデュースが間違っていないという証拠になりますね。

こちらもどうぞ

https://sakuccyo.com/person/j-%ef%bd%99-park-japanese/ 

まとめ

niziUプロジェクトが話題になり、人気を集めていますがそれ以上に注目されたのが、J.Y.Parkです。

その指導の方法がとても効果的で、教える言葉のひとつひとつが心に刺さり「理想の上司」として世間からも評価されるようになりました。

教わる側の姿勢も、教える側の姿勢も多くの人がビジネスや人間関係の面でたくさんのことを彼の指導から学べると思います。

今回は「J.Y.Parkは理想の上司?人を育てるテクニックがすごいと評判」と題して、J.Y.Parkが理想の上司といわれる理由や、人を育てるテクニックが評判になっていることをお伝えしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました