八幡平紅葉2019トレッキングの服装や持ち物は?気温や気候も紹介

お出かけスポット
cocoparisienne / Pixabay
スポンサーリンク

八幡平の紅葉は人気があり、毎年たくさんの観光客や登山客が訪れます。

トレッキングで周辺の色とりどりの紅葉を楽しみながら、季節の移り変わりを肌で感じるのもいいものですよね。

人気の八幡平紅葉トレッキングを楽しむには、どんな服装をしていったらいいのでしょうか?
持ち物は何を持っていったらいいのか、また紅葉の時期の八幡平の気温や気候も紹介していきます。

八幡平の紅葉トレッキングの服装や持ち物は?

まずトレッキングの基本として、服装は化学繊維の服を選ぶようにしてください

山の天候は変わりやすく、汗をかいたあと冷えてしまうこともよくあります。コットンなどは汗を吸収するものの乾きにくいため、体を冷やしてしまうのです。

登山用品売り場などには、化学繊維でできた速乾性のある素材の服や、寒さ対策のための服などがありますので、できるだけ化学繊維のものを選んでください。

トップスは、長袖シャツの上にウインドブレーカーや、薄手のダウンベストなどを羽織ると寒さ対策になります。フリースなども安価で準備できるのでおすすめです。

ボトムスのタイツやパンツは足首が冷えないものを選んでください。こちらも化学繊維がいいでしょう。
ジーンズなどは厳禁です。汗をかくと肌にくっついてしまい歩けなくなってしまいます。

靴下は、トレッキング用の化学繊維やウールでできた厚手のものにしてください。厚手の靴下はクッションになり、疲れを軽減してくれます。また、汗をかいたあと足を冷やさないようにするには化学繊維がいいです。素材はメリノウールがおすすめです。

また、汗をかいた足のまま長時間がたつと皮膚が蒸れて靴擦れの原因になりますので、替えの靴下を用意し休憩の際に取り換えるなど、足をなるべく乾いた状態に保ってください。

トレッキングシューズや登山靴など、長時間歩いても疲れにくいものに。
厚手の靴下を履いたときにきつくならないように、サイズ選びの際はあらかじめ自前の厚手の靴下を履いていったほうがいいです。

 

その他、準備するものは

ウエア類:アンダーウエア、靴下、タオル、防寒着、帽子、グローブ、サングラス、レインウエア、ザック、ザックカバー、ゲイター(登山用スパッツ)

持ち物:水筒、ヘッドライトと替えの電池、ナイフ、ホイッスル、コンパス、腕時計、スマホ、モバイルバッテリー、ティッシュ、ごみ袋、リップクリーム、お金、虫よけ、ばんそうこう、非常食、行動食(おやつ)、テーピング用テープ、熊鈴、歯ブラシ、ライター

書類:地図、登山計画書、健康保険証、山岳保険、メモ帳、筆記用具

こまごまとしたものは、ビニール袋に入れていきましょう。ビニール袋は持ち物が濡れないようにしたり、山で出たごみを持ち帰るのにも便利です。

思わぬアクシデントがあっても、冷静に対処できるように気温の変化に合わせたり、気候の急な崩れにも対応できる備えがあるといいですね。

 

気温や気候も紹介

cocoparisienne / Pixabay

 

八幡平の紅葉の季節の平均気温は 3.8℃です。

日の出は 5:51

日の入りは 16:52

まだ秋とはいえ、八幡平の気温はすでにかなり低くなっていますね。

防寒対策はしっかりしていく必要がありそうです。

日の入りも5時まえに来てしまうようですね。

まだ明るいと思っていても、日の入りになると山はあっという間に暗くなってしまいます。
トレッキングは計画的に、時計を見ながら進みましょう。

 

詳しい天気情報は、10日間予報などで気温や気候のほかにも湿度や風の強さなども知ることができますので、トレッキング予定の日も必ず確認してから出かけるようにしてくださいね。

 

八幡平市の10日間天気(6時間ごと) - tenki.jp
八幡平市の10日間天気(6時間ごと)、気温、降水確率などに加え、台風情報、警報注意報を掲載。10日先までわかるからお出かけ計画に役立ちます。気象予報士が日々更新する「日直予報士」や季節を楽しむコラム「tenki.jpサプリ」などもチェックできます。

 

まとめ

紅葉の時期は山全体が美しく彩られて、トレッキングをするには最高の季節です。

楽しい思い出をつくるためには気温や気候のチェックも含め、しっかりと事前の準備をしましょう。

無理のない計画を立て、トレッキングのあともあまり疲れてしまわないように気をつけてくださいね。

八幡平はきれいな景色や温泉も楽しめるとてもいいところです。ぜひ、いい経験になりますように。

このサイトがあなたのトレッキングのお役にたってくれたらとても嬉しいです。

では、今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました