三陸花火大会2022地元民が教える穴場スポット!混雑と駐車場情報も

お出かけスポット
スポンサーリンク

「三陸花火大会」は岩手県の三陸で行われる、2022年でまだ3年目という新しい花火大会です。 まだ歴史の浅い花火大会ですが、行った人たちからは「感動した」との声があがっています。 「三陸花火大会」には地元民の知る穴場スポットはあるのでしょうか。混雑状況や駐車場の情報も気になります。 そんなかたに向けて、穴場があるのか、混雑状況や駐車場情報についてもお伝えしますので、花火大会に行かれるかたはよかったら参考になさってください。

三陸花火大会2022地元民が教える穴場スポット!

三陸花火大会2022の地元民が教える穴場スポットは、本丸公園です。

アバッセ裏側と洞の沢の参道から登れ、高台にあるので見晴らしは良好!

花火大会当日は厳しい交通規制が行われるので、早い時間帯からの準備がおすすめです。

早い時間帯に本丸公園に移動して準備ができるかたにはおすすめの穴場スポットになります。 でも、そんなに早く出かけられないよっていうかたも多いですよね。 そういうかたには、やはり観覧チケットを購入してあらかじめ予約するのがおすすめになります。 ちょっと予算はかかりますが、場所探しに迷うことなく花火を見ることができるのでイベントをゆっくり楽しめますね。

ちなみに、確実に無料で花火を見る超穴場な方法も。 三陸花火大会のボランティアスタッフとして参加するという方法です。

宿泊場所や昼食も用意されているとのことです。 運営側として参加するのもいい思い出になりそうですね。

混雑と駐車場情報も

駐車場の出入り時にはかなり混雑します。

駐車場は、事前予約制の有料駐車場です。無料で駐車できる駐車場はありませんのでご注意ください。

車で行く場合には、観覧チケットと一緒に駐車場チケットを購入する必要があります。

駐車場の場所は観覧場所の近く、盛岡方面にあります。

だいわフルーツパーク気仙

だいわフルーツパーク気仙でも、有料駐車場を提供しています。1台2000円~。

だいわフルーツパーク気仙のHPで予約受付をしているので、ご確認ください。

三陸花火大会の基本情報

 

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リアス観光 株式会社(@rias_kanko)がシェアした投稿

2022年春の三陸花火大会は、4月29日(金)祝日に開催されます。花火の打ち上げ時間は 19:00~20:30の予定

会場は、高田松原運動公園です

時間は、12:00~21:00(日中は様々な催し物も開催されます!)

チケットは10パターン

チケットは10パターンあります。

  1. パノラマVIPシート(1名分)25,000円(駐車券別売り)
  2. スペシャルペアシート(最大2名)25,000円(駐車券別売り)
  3. エキサイトBOX(最大4名)20,000円 (駐車券別売り)椅子やシートなし
  4. リラックスBOX(最大4名) 20,000円(駐車券別売り)テーブルと椅子4脚
  5. エリア指定席A(1名分) 7,000円(駐車券別売り) 椅子やシートなし
  6. エリア指定席B(1名分) 5,000円(駐車券別売り)椅子やシートなし
  7. Drive in HANABI 40,000円車1台分=車高1,600mm以下/1,800mm以下/2,000mm以下の3種類から選ぶ)
  8. キャンプサイト(最大10名)100,000円(宿泊可・専用駐車場付)
  9. カメラマンシート(1名分)6,000円(駐車券別売り)椅子やシートなし
  10. 車いす専用シート(1名分)5,000円(駐車券別売り)利用者と同伴者のみ 椅子なし

  チケット購入は、三陸花火大会の本サイトからどうぞ。

まとめ

三陸花火大会2022の地元民の知る穴場スポットは本丸公園です。 でも、当日は厳しい交通規制がなされるのでチケットを購入して観覧席を確保してから出発されるのが安全かと思います。 駐車場は無料のものはなく、有料駐車場のみとなっています。 観覧チケットを購入する際に一緒に駐車場のチケットを購入しておくといいですね。 だいわフルーツパーク気仙でも100台分の駐車場があり、ホームページから予約ができるのでアクセスしてみてください。 三陸花火大会は春と秋の年2回開催されますので、今回予約できなくても次のチャンスを狙えますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました