としまえん跡地にハリポタ体験施設ができるのはいつ?入場料は?

お出かけスポット
ksinanan67 / Pixabay
スポンサーリンク

東京都練馬区にある水と緑の遊園地「としまえん」

1926年に開園してから、長い間多くの人たちに親しまれてきました。

そのとしまえんが2020年8月31日で閉園することに。

とても残念なのですが、その跡地にハリーポッターの体験型施設ができるということで、話題になりました。

今回は「としまえん跡地にハリポタ体験施設ができるのはいつ?入場料は?」と題して、としまえん跡地にハリポタ体験施設ができる予定の日程と、予想できる入場料についてお伝えします。

としまえん跡地にハリポタ体験施設ができるのはいつ?

scottwebb / Pixabay

発表したのは、ワーナーブラザーズジャパンと、西武鉄道です。

2023年にとしまえん跡地に「ワーナーブラザーズ スタジオツアー東京‐メイキング・オブ・ハリーポッター」をオープンします。

詳しい日程はわかりませんが、2023年の前半ということまでは発表になっているので、春くらいにオープン予定ではないかと思われます。

サク
サク

楽しみ♪

ハリポタの体験型施設はロンドンの「メイキング・オブ・ハリーポッター」に次いで2番目。

東京の施設の広さは約3万平方メートルになるとのことです。

施設内にはハリー・ポッターの映画シリーズのスタッフが制作した映画セットを設置します。

また、体験型なので映画のなかのシーンを実際に体験するコーナーがあちこちに設けられるようです。楽しみですね!

施設のイメージ図がこちらです。

入場料はいくら?

alfcermed / Pixabay

東京の「メイキング・オブ・ハリーポッター」の入場料はいくらになるのでしょうか?

ロンドンにある「メイキング・オブ・ハリーポッター」の入場料が参考になるでしょう。

ツアー参加と個人手配では料金が違うのですが、個人で行く場合の料金を参考にします。

個人でオンラインでチケットをとった場合、69ポンドの料金がかかります。

ですが、内訳がチケット代 45ポンド + 鉄道料金(Euston-Watford Junction間) 10.5ポンド*2 + バス代(往復) 3ポンドですので、チケット代だけだと45ポンドです。

1ポンドが約140円(8月21日時点)なので、ロンドンのチケット代45ポンドは約6,300円になります。

東京ディズニーランドの大人1デーパスポートが8200円なので、それに比べると安い。

ただし、ロンドンのチケット代はあくまでも参考なので、東京のメイキング・オブ・ハリーポッター入場料はもうちょっと高くなるのかもしれません。

だいたい6300円~8200円くらいを想定していればいいのかなと思います。

買い物もしたいですし、美味しいものがあったら食べたい。

おこずかいは多めに持っていったほうがよさそうですね!

まとめ

歴史のある遊園地「としまえん」が無くなるのは寂しいです。

あまり行ったことのない岩手県民でさえそう思うのですから、小さい頃からよく行ってたという人たちの寂しさはひとしおだと思います。

でも、跡地に「ハリーポッター」の体験施設ができるとなると、いっきに楽しみになってしまうから単純ですね。

行くとなったら、予算や日程が気になりますよね。

今回は「としまえん跡地にハリポタ体験施設ができるのはいつ?入場料は?」と題して、としまえん跡地にできる「メイキング・オブ・ハリーポッター」のオープン日程と、予想される入場料についてお伝えしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました