オブチキバーガー誕生で九戸大盛り上がり!限定数と価格と販売店は?

お出かけスポット
Shutterbug75 / Pixabay
スポンサーリンク

鶏肉の産地で知られる岩手県九戸村。

近年、広報担当のチキンヘッドMrオブチキが楽しい動画やSNSで「キングオブチキン」を世に広める活動をしています。

このほど、九戸村産の「オブキチバーガー」が開発されたということで、ぜひ紹介したいと思いました。

今回は「オブチキバーガー誕生で九戸大盛り上がり!限定数と価格と販売店は?」と題して、岩手県九戸村で開発されたオブチキバーガーが盛り上がりを見せていることと、値段や特売会での限定数、購入できる場所についてお伝えします。

オブチキバーガー誕生で九戸大盛り上がり!

開発したのは、二戸市福岡の阿部繁孝商店(阿部繁之社長)です。

九戸産の鶏むね肉100%で作られていて、素材の味を生かすために塩とこしょうのみで味付け。

バンズは九戸村の小笠原菓子舗が作り、すべて九戸産の自信作です。

九戸村では以前から、鶏肉の産地として地域おこしに力を入れてきました。

「NEGIMA LOVER」ザ・トリフターズ

キングオブチキンと銘打って、ステッカーやTシャツ、ピンバッヂも販売。

今回発売されたオブチキバーガーにもオリジナルのシールが貼られていて、とってもおしゃれ。

なんならこのステッカーに惹かれて買ってしまいそうです(私だけ?)

地元のニュースでもオブチキバーガーがとりあげられていました。

食べた感想は「鶏むね肉はパサパサしたイメージだけど、これはしっとりしています」とのこと。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

こちらの記事もよかったらどうぞ。九戸村のキングオブチキンに関する記事です。

九戸村のキングオブチキンが熱い!Tシャツはネットでも買える?
九戸村のコロナ対策ポスターが話題になり、ヤフーニュースでも取り上げられました。 岩手県九戸村は岩手県の北部にあり、人口5650人の小さな村です。 自然に囲まれた場所で「オドデ伝説」や「九戸政実」の生まれ故郷であるなど伝説や逸話も...
キングオブチキンがコメディバンド「ザ・トリフターズ」でデビュー
岩手県九戸村は県内トップの鶏肉生産地。 オリジナルキャラクターの「キングオブチキン」俗称オブチキも日々鶏肉のPRに奮闘しています。 この度、そのオブチキと九戸村商工会青年部の4人がタッグを組んでコメディバンド「ザ・トリフターズ」...

 

 

限定数と価格と販売店は?

阿部繁孝商店の製品販売所「あべはんショップ」では、春の特売会が4月24日のに行われ、そこでオブチキバーガーが限定発売されます。

開催時間は午前10時~午後2時。

オブチキバーガーの味は2種類です。ハニーマスタードと照り焼き。1個300円。

当日は各100個限定となります。

 

あべはんショップの場所はこちらです。

Google マップ

 

サク
サク

限定100個か~。買えるかな~。

道の駅オドデ館とあべはんショップでは、加熱済みの冷凍チキンハンバーグの販売もするということなので、チキンハンバーグだけを家庭で調理して食べるという手もあります。

こちらは3個入りで380円ということです。

まとめ

チキンの産地で有名な岩手県の九戸村。

地元のチキンと地元の菓子舗が作ったバンズで「オブチキバーガー」が販売されることとなりました。

包装紙には「キングオブチキン」のおしゃれなシール。

ハニーマスタードと照り焼きの2種類の味で、1個300円で24日の特売会で販売されます。

今回は数も限られていて、県外からはなかなか買いに行けないかもしれませんが、今後人気が定着していつでも食べられるようになるのを期待しています。

今回は「オブチキバーガー誕生で九戸大盛り上がり!限定数と価格と販売店は?」と題して、岩手県九戸村のあべはんショップで「オブチキバーガー」が販売されることや、特売会の限定数や価格、販売店についてお伝えしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました