【美容YouTuber】ceceのブログが心に響く!思い出は笑顔に

人気YouTuber
fotostrobi / Pixabay
スポンサーリンク

美容YouTuberのCeCe(シシ)さんは人気のメイクアップアーチストで、動画登録者数はすでに

18.7万人もいます。

メイク動画もとても参考になるのですが、オフィシャルブログを読んでるとCeCeさんの人生経験がすごくて、その経験から日々を大切に生きていることが伝わるのでお伝えしたいと思いました。

今回は「【美容YouTuber】CeCeのブログが心に響く!思い出は笑顔に」と題して、CeCeさんのブログから、日々の過ごし方や人との関わりかたについてご紹介したいと思います。

CeCeのブログが心に響く!

これがプロの真骨頂!無敵のすっぴん風ナチュラルメイク♡『頑張らない』のに極限まで透き通る肌のつくりかた

 

CeCeさんのブログはアメーバブログです。

ブログ記事一覧|CeCeオフィシャルブログ「Make-Up Artist」Powered by Ameba

CeCeさんのブログを読んでいたら、テーマ一覧に気になる文字が。

「死別のこと」

とありました。

婚約していた男性が突然の交通事故で亡くなったことは知っていました。

でも「つらかったんだろうな」と察することはできても、どんなつらさや苦しさなのかは具体的にはわかりませんでした。

ブログを読んでみると、恋人を突然失った苦しさが綴ってありました。

読んでいても、つらい。苦しい。そんな感情になりました。

「死のうとしたこと」というタイトルの記事も。

死のうとしたことがある。

正確に言うと

もう生きていくことを

やめようとしただけだった。

死にたいとか

なんかそういう、直接的な感じではなかった。

ふと、手すりから手を離すみたいに

この世界を辞めてしまいたかった。

もう、息さえもしているのがしんどくて。

考えてしまうのが辛かったから。

自分の思考から逃げだしたかったから。

婚約者が車の事故で亡くなり

脳の中でグリーフワークという悲しみの仕分け作業が進むと

思い描いていた未来は

もう二度と来ないことを理解するの。

否が応でもね。

 

一緒に暮らした部屋の荷物を片付ける。干してある洗濯物を畳む。

そのひとつひとつが地獄のようにつらい。

恋人が捌いた魚が冷凍庫に入ってて、得意げな彼の表情が浮かんできて

それをひとくち食べるごとに嗚咽する。

そんな時間が続いていく様子が書かれています。

同じようなつらさを抱えている人がいたら、ブログを直接読んでほしいです。

CeCe『死のうとしたこと。』
CeCeです。死のうとしたことがある。正確に言うともう生きていくことをやめようとしただけだった。死にたいとかなんかそういう、直接的な感じではなかった。ふと、手…

 

その後結婚して、子供もいるけど(離婚しました)
恋人と死別したつらさは忘れられないようです。

「もう生きていたくない」と思うほどの苦しみを経験したCeCeさん。

でも、後日このように書いています。

しんどさと一緒に生きてる。

もう、仕方ないからさww

でも、あのどん底からね

拾ってきたものがあるんだよ。

人の痛みがわかる。

それと

その回復の工程を知っている。

これは、きっと、

この経験は、誰かの為に使うべきだと思っているんだ。

https://ameblo.jp/cece-makeup/entry-12377000660.html?frm=theme

経験した人でなければ理解できないつらさや、説得力をCeCeさんは身に着けたんだと思います。

今、どん底にいる人が頼りたいと思うのは、やっぱりどん底を経験した人なんですよね。

 

思い出は笑顔に

リアルな質問にお答えします

「最期の顔」というタイトルで、日々の生き方について語っています。

「あれがあの人の最期の顔だったな」って
そう回想する経験をしたことはありますか。

婚約者を朝、玄関で見送ったとき何度も振り返って、笑顔で手を振ってくれたのが最期だったそうです。

そんな想いをしているから「いってらっしゃい」をとても大切にしています。

ある時、7歳ののんびり屋の息子さんがCeCeさんのお母さん(母ぴよ)と出がけにケンカをして、ぷいっと出て行ってしまった。

CeCeさんは、それを呼び止めて息子さんに言い聞かせたそうです。

ねぇ。よく聞いてね。
人生にはね、
あれが最期ってことがあるんだよ。
あんな態度をとったことを後悔するようなことはしてはいけないよ。
ママは小学生の時
塾から帰ってきたら
母ぴよが救急車で運ばれる瞬間だった時があったよ。
そんなことが起こりえるの。
今日の当たり前は
明日も当たり前じゃないよ。
その顔でバイバイはしてはいけない。
(中略)
さぁ、イイ顔をおばぁちゃんに見せてあげて。
やり直そう。
“1番カッコイイ行ってらっしゃい”をしてから
学校に行こう
とても素敵なお母さんだと思いました。
そして本当に大切なことを教えてあげています。
「あの時が最期だった」と思うときがいつ来るかわからない。
そんなときに後悔するのは本当につらいこと。
だから、いつその時がきても充分に伝わっていたと思うように感謝や愛情を伝えておかないといけないということですね。
サク
サク

震災のときもみんなそう思ったよね。

最期の時を思い出したときに「笑顔」が浮かんできたらいいですね。

私もそうありたいと思いました。

こちらもどうぞ。

CeCe【メイクアップアーチスト】の年齢は?波乱万丈の人生も紹介

CeCeのおすすめアイライナーが知りたい!動画を参考に買ってみた

CeCeの乾燥肌に無敵対策なのが馬油!ほかのオイルと何が違う?

CeCeちゃんセットがAmazonで買える!ラインナップをご紹介

 

まとめ

美容YouTuberのCeCeさんの経験は、とてもつらいものでしたが、同じ苦しみや悲しみを抱えた人たちがそれを読んだときに救いになるのではと思いました。

動画では、とても明るくてそんな経験をしてきたようには見えませんが、苦しんだ分、今の日常に感謝できるといったことも書いていました。

とても心を動かされたCeCeさんのブログを紹介しました。

今回は「【美容YouTuber】CeCeのブログが心に響く!思い出は笑顔に」と題して、CeCeさんのブログが生き方や人との接し方に影響を与えてくれることをお伝えしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました