古川雄大のドラマ初主演は愛憎サスペンス・コメディ?共演者も紹介

気になる番組
nastya_gepp / Pixabay
スポンサーリンク

NHKの連続テレビ小説「エール」でミュージック・ティーチャーを演じた古川雄大が、テレビ東京系「サタドラ」枠で放送されるサスペンスドラマ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(7月スタート 毎週土曜 午後11:25)で“ドラマ初主演”を飾ることが発表されました。

ミュージカル界の貴公子と呼ばれる古川雄大さんですが私を含め、朝ドラで見るまで知らなかったかたも多いのではないでしょうか。

「エール」のなかでも強烈なキャラとして印象づけられましたが、今度はバチェラー役ということでまた期待が高まります。

どんなドラマなのか気になったので調べてみました。古川さんをとりまく女性陣もご紹介しますね。

今回は「古川雄大のドラマ初主演は愛憎サスペンス・コメディ?共演者も紹介」と題して、古川雄大さん初主演の7月から始まるドラマは愛憎サスペンスだけどコメディ要素もありそうということと、古川さんをとりまく女優さんたちもご紹介します。

古川雄大のドラマ初主演は愛憎サスペンス・コメディ?

このドラマでは、ハイスペックな御曹司と、その妻の座を狙う7人の女性たちのドロドロの人間模様が描かれます。

女性の怖さ、強さ、脆さ、滑稽さが表現されているということです。

恋愛リアリティーショーの世界観に、ミステリーやサスペンスの要素も入っています。

気になるのは、プロデューサーのコメントとして「愛憎サスペンス・コメディ」というワードが出ていること。

どうやら、コメディ要素もあるようで古川雄大さんの魅力が引き出されたドラマになっているようですね!

古川さんを取り囲む7人の女性の「愛」「家族」「野望」「憎しみ」についても描かれていて、その辺はかなりドロドロしそう。

が、古川さん演じる鳴戸哲也が女性たちとかかわっていくなかで成長していく様子も描かれているということで争いだけではなく、また違った見方もできそうです。

タイトルにあるように「バチェラー殺人事件」ですので、バチェラーである古川さんは殺されてしまうようですね。その犯人は誰なのかを予想するのもまたこのドラマの楽しみ方です。

サク
サク

オリジナル作品だから予想がつかないねー。

朝ドラ「エール」にでていた面白シーンもご紹介。この面白キャラですっかりファンになってしまいましたw

共演者も紹介

古川雄大さん演じる御曹司鳴戸哲也を奪い合う女性陣は7人です。

女優さんたちについての田中プロデューサーのコメントがありました。

これ以上望めない魅力的かつバラエティーに富んだ布陣です。激しいセリフの応酬、目的のために手段を択ばず戦うブッ飛んだ強い女たちをどう演じていただけるか今から楽しみです。

https://natalie.mu/eiga/news/430240

女優陣、それぞれご紹介します。役名と女性の皆さんの名前がリンクしているところにも注目。

葵わかな

葵わかなさんは、デパートの寝具売り場の店員・志倉若菜(しくら・わかな)役です。

古川雄大さんとはミュージカル「ロミオ&ジュリエット」などで共演していて、今回が共演3作目となります。

葵わかなさんのコメントを要約しました。

とても斬新な作品!と思わず笑ってしまった。私自身も楽しんで、このバチェラーに参加したいと思います。

トリンドル玲奈

トリンドル玲奈さんは、おっとりとした性格で趣味はヴァイオリンという癒し系の美人・河原麗奈(かわはら・れいな)役です。

今回は5年ぶりのテレビ東京ドラマの出演になります。

トリンドル玲奈さんのコメントを要約しました。

今回の台本は何度読んでも面白いのがすごく不思議。女同士のバトルではありますが、ドラマなので、ある意味気楽に楽しんでいただけるのかなと思います。

寺本莉緒

寺本莉緒さんは「あざとかわいい」を押し出しているアイドル・一ノ瀬りお(いちのせ・りお)役です。

ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」やドラマ「ガールガンレディ」に出演している女優さんです。

寺本莉緒さんのコメントを要約しました。

あざと可愛いキャラクター、そして裏の顔までをどのように表現しようか今からとても楽しみです!自分自身も楽しみながら頑張ります。

尾碕真花

尾崎真花さんは、超大手財閥の令嬢で女子大生・森下一香(もりした・いちか)役です。

第13回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し『騎士竜戦隊リュウソウジャー』ではヒロインを演じました。

尾碕真花さんのコメントを要約しました。

役を深掘りしていって、面白い役を演じれるように努めます。誠心誠意、ふざけます!是非楽しみにしていて下さい!

北原里英

北原里英さんは、病棟勤務の看護師・嶋田理恵(しまだ・りえ)役です。

AKB48を第一線で支え続け、NGT48のキャプテンも務め、グループ卒業後も女優としてテレビ東京『フルーツ宅配便』に出演する他、バラエティやYouTubeでも活躍中です。

北原里英さんのコメントを要約しました。

役の下の名前がまさかの本名。設定のパンチ力に負けない脚本の面白さに、わたし自身読みながらどんどん惹き込まれていったので、みなさんも一緒にドキドキしながらご覧ください。

成海璃子

成海璃子さんは、エリート弁護士・須崎利子(すざき・りこ)役です。

『ハチミツとクローバー』『黒い十人の女』『昭和元禄落語心中』など多くのドラマ、映画に出演されています。

成海璃子さんのコメントを要約しました。

私もまだどんな展開が待っているのかわからないので、ドキドキしてます。
サスペンスの要素もあるので、是非最後までご覧いただければと思います。

真飛聖

真飛聖さんは、エステ・化粧品会社経営のセレブ社長・遠藤星(えんどう・せい)役です。

映画『ミッドナイトスワン』、ドラマ『その女、ジルバ』など話題作に出演、活躍中の女優さん。

真飛聖さんのコメントを要約しました。

ライバル達の中では最年長ではありますが、そこは引け目を感じるのではなく、大人の魅力を振り撒けるよう全力で戦いたいと思っています。

古川雄大のドラマ初主演は愛憎サスペンス・コメディ?のまとめ

NHK朝の連続テレビ小説「エール」で強烈なキャラだったミュージック・ティーチャーを演じた古川雄大さん。

7月から、テレビ東京系「サタドラ」枠で放送されるサスペンスドラマ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(7月スタート 毎週土曜 午後11:25)で“ドラマ初主演”を飾ることが発表されました。

愛憎サスペンスということですが、どうやらコメディ要素もあるようで古川雄大さんの魅力が発揮されるのではないかととっても楽しみです。

御曹司の古川さんをめぐって争う7人の女優さんたちも公表され、それぞれコメントも出されました。ドロドロの愛憎劇を演じることにみんな気合が入っているようです。

今回は「古川雄大のドラマ初主演は愛憎サスペンス・コメディ?共演者も紹介」と題して、古川雄大さんが7月から初主演となるドラマは愛憎サスペンスだけどコメディ要素もありそうなことと、古川さんを奪い合う設定の女優7人についてもご紹介しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました