ぐっさんTHE突破ファイルでかっこいいと大評判!自衛隊ヘリ機長役

気になる番組
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

日本テレビ木曜日よる7時から放送の「THE 突破ファイル」にぐっさんこと山口智充さんが初めて出演しました。

航空自衛隊の機長役での出演で、とても似合っていました。放送後、ツイッターではぐっさんかっこよかったと盛り上がっていたので、その様子をご紹介したいと思いました。

今回は「ぐっさんTHE突破ファイルでかっこいいと大評判!自衛隊ヘリ機長役」と題して、日本テレビで放送の「THE突破ファイル」に航空自衛隊ヘリ機長役として登場したぐっさんこと山口智充さんの演技がかっこよかったと大評判だったことをお伝えします。

ぐっさんTHE突破ファイルでかっこいいと大評判!自衛隊ヘリ機長役

突破ファイルのなかでぐっさんが再現したのはタンカー事故から乗組員をヘリコプターで救助する機長役です。

ぐっさんは航空救援団で、人命救助を仕事としているヘリコプターを操縦しています。

タンカーが悪天候のなか、落雷による火災と高波に襲われ沈没寸前になります。そこから6人の乗組員を救助しなければなりません。

が、思った以上の悪天候で事故現場に到着するまでにすでに予定より30分も遅れてしまいました。燃料はどんどん減っていきます。

救助の途中で高波が襲い、海に投げ出された乗組員もいましたが機長の巧みな操縦により救助。

あとひとり、船の責任者である女性乗組員を助けるだけなのですが、燃料が足りません。基地に戻るには30㎞の距離があり、そのための燃料は1000L必要になります。足りなくなってしまえば途中で墜落してしまうことになります。

ヘリには救助した5名の乗組員と自分の部下が乗っています。一方、沈没しそうなタンカーには女性乗組員ひとりと自分の部下1名が残っています。

あと10分で到着するであろう別のヘリに託して基地に戻ることを決断しますが、そのヘリは悪天候のため、あと15分たたないと到着できないとの連絡が入ります。

サク
サク

次から次と難題が!

ここでぐっさん演じる山口三佐が決断したのは、30㎞離れた基地ではなく10㎞先の第三分屯基地に行くことでした。

しかし、ここでも問題が!

第三分屯基地は夜間の使用は想定していなかったので、照明がない。その時点では使うことができないという返答でした。

ここでどう突破したのかという問題でしたが、答えは自衛隊にある自動車のヘッドライトで照らすことによって、無事救助者を助けることができたという答えでした。

とてもハラハラする展開でスタジオのゲストも「まるで映画を見ているみたい」と感想を話していました。

ぐっさんの部下役は入江甚儀さんと福山翔大さんという実際の俳優さんだったので、よけいに迫力がありました。

ぐっさんの「お前らを不安にさせる操縦はしない」というセリフやキリッとした表情の度にスタジオからは「かっこいい~~」と感想がもれていました。

また、ものまねレパートリーを披露する場面もあって、しっかり面白いぐっさんも見ることができました。

サク
サク

打ち上げ花火じょうずだったw

ツイッターでも大盛り上がり

「ぐっさんかっこいい」「また出て欲しい」のコメントが紹介しきれないくらいたくさんつぶやかれていました。

最近テレビでみる回数が減っていたので、嬉しいですね。

ぐっさんのライブはとても人気があるとのことですが、ライブはなかなか行けないのでもっとテレビで見れたらいいですね。

今回のように演技をするぐっさんももっと見れたらなーと思います。

サク
サク

モノマネも歌も見たい♡

ぐっさんTHE突破ファイルでかっこいいと大評判!のまとめ

日本テレビ木曜よる7時から放送の「THE 突破ファイル」にぐっさんこと山口智充さんが登場。

航空自衛隊のヘリ機長役で演技が素晴らしかったです。

「とてもかっこよかった」「また出て欲しい」の声がツイッターにもたくさんあがっていました。

この声が届いて、テレビでもっとぐっさんが見れるようになったら嬉しいですね。

今回は「ぐっさんTHE突破ファイルでかっこいいと大評判!自衛隊ヘリ機長役」と題して、日本テレビで木曜よる7時から放送の「THE 突破ファイル」にぐっさんこと山口智充さんが航空自衛隊ヘリ機長役として登場したこと。演技がかっこよかった、また見たいというツイッターの声もご紹介しました。分

コメント

タイトルとURLをコピーしました