韓国コスメ「ティルティル」の社長は何歳?家族構成や暮らしも紹介

気になる人物
Kredite / Pixabay
スポンサーリンク

韓国のコスメブランド「ティルティル」は、日本でも大人気です。

ティルティルのCEOであるイ・ユビンは若くて美人の女社長。

年齢は何歳で、夫や子供がいるのかなど気になる人もいるのではないでしょうか。
イ・ユビンの年齢や家族構成をお伝えします。

また、韓国ではどんな暮らしをしているのかも合わせてご紹介していきますね。

韓国コスメ「ティルティル」の社長は何歳?

イ・ユビンさんは1988年生まれの34歳です。

改名前の名前はイ・ボヒ。

インスタが人気で、アカウントは88bbongです。

イ・ユビンさんは2016年にTIRTIR(ティルティル)を立ち上げました。

ティルティルはヒットを飛ばし

  • 2017大韓民国ベストブランド大賞
  • 2018年今年のヒットブランド部門大賞
  • 2019年大韓民国消費者満足度評価大賞

という賞を立て続けに受賞。

売上は、2018年に200億ウォン(約20億円)
その後300億ウォン(日本円で21億円)という大企業に成長しました。

イ・ユビンの経歴


大学ではファッションデザインを専攻。
卒業するとすぐにファッションのショッピングモールを創業しました。

当時ファッション関連で働いていた夫の助けで、ある程度自信もあったそうです。
でも5年ほど運営しましたが、難しいことも多かったと語っています。

そんな中でもSNS活動を熱心にしたおかげでフォロワーが増えていきました。

SNSで初めてのライブ放送をしたとき、イ・ユビンは普段使っていた輸入化粧品を紹介。
その時にリスナーの反応がとても熱く、購入方法についての問い合わせが殺到しました。

これをきっかけにモールのなかでビューティー部門を開始。

ユビンさんは敏感肌で、自分のような肌でも刺激のない化粧品を作りたいという思いで化粧品を開発していきました。

その頃にはもうフォロワーがかなり増えていたので、製品がひとつ発売されるたびにSNSで口コミが広がりたちまち売れていくという状態に。

美容業界に飛び込んだ時、専門分野ではないので色眼鏡をかけてみる人が多かったそうですが、「化粧品専門家協会」に登録してビューティー関連の勉強を始めました。

さらに化粧品処方専門家をはじめ、多様な資格も取得。

現在は、国内ではじめて実施する「カスタマイズ型化粧品調剤管理士」の資格をとるために一生懸命勉強しているということです。

もう、色眼鏡で見る人はいませんね。

何十億と稼ぐ起業家だけのことはあって、かなりの努力家だと感じました!

 

家族構成や暮らしも紹介

イ・ユビンさんには夫とふたりの息子がいます。

上の子はドリ。下の子はリアン。

家族とっても仲がいいようで、インスタグラムには家族の画像がたくさんアップされています。

そして、すごい豪邸ぶりも伺えます。

住んでいるのは高価な住宅として知られるソウルのアパートPH129です。

ここの家賃は月に200万円だとか!

イ・ユビンさんはシャネルが好きなようで、インスタの画像にもよくシャネルが登場しています。

大企業のCEOにはシャネルがよく似合いますね!

 

まとめ

韓国コスメで有名なTIRTIR(ティルティル)のCEOイ・ユビンさん。

イ・ユビンさんはもとオルチャンと呼ばれる美女として人気でした。
1988年生まれの34歳。

ティルティルは年の売上が21億円という大企業に成長。

イ・ユビンさんは夫とふたりの息子と4人で暮らしています。
住んでいるところはソウルの高級アパートPH129。

なんと家賃は月200万円するとか。

信じられないようなゴージャスな生活ですが、美容家としての勉強を怠らず、努力し続けた結果が今の成功につながっているんだと感じました。

韓国コスメはこれからも成長しそうですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました