アサヒスーパードライ生ジョッキ缶が爆売れ!飲んだ人の感想は?

気になる話題
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

4月6日からコンビニで先行発売していた「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」340ml は2日後の8日に供給が追い付かないほどの売れ行きとなり、出荷を一時停止しました。

缶のふたが全開するタイプでゴクゴク飲め、樽生ビールのようなきめ細かい泡が特徴です。

売り切れと聞くと飲みたくなるのが人の性ですね。

次の発売日はいつなのか、また、飲んだ人たちはどんな感想を持ったのかが気になったので調べてみました。

今回は「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶が爆売れ!飲んだ人の感想は?」と題して、アサヒスーパードライの生ジョッキ缶が爆売れしたことと次の発売日、また飲んだ人たちの感想についてお伝えします。

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶が爆売れ!

アサヒスーパードライ「生ジョッキ缶」は4月6日(火)に先行発売しましたが、発売前から話題になっていたため供給が間に合わず、8日には一時的に発売停止になるほど爆売れでした。

アサヒのホームページではお詫びと題して、アサヒスーパードライ生ジョッキ缶が販売好調により一時出荷停止しますとの報告を掲載しています。

次回の発売は4月20日から。今度は買いたいひとが買えるよう準備するものと思われます。

価格は既存のスーパードライと同額になる予定です。

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶の特徴は缶のふたや缶の内部にあります。

缶のふたが全開することで、麦芽の香りを感じやすくなり、生ジョッキで飲んでいるようにゴクゴクと喉に流し込む感覚が味わえます。

そして、缶体内側の特殊塗料により、ジョッキ缶から発生する泡は通常の缶からグラスに注いだときの泡よりもきめ細かくなります。

 

サク
サク

おうち呑みでも楽しめるね♬

飲んだ人たちの評判は?

今はなかなか手に入らないようですが、いち早く飲んだ人たちがツイッターに感想を書き込んでいました。

アサヒ生ジョッキ缶は、冷やしすぎると泡立ちにくいことがわかりました。

泡立ちがちょっと足りないと思ったら、少しの間缶を握って温めてみてください。

また、通常のスーパードライとは味や炭酸の強さが違うという感想がありました。

ビールは好みが分かれるところですが、美味しいと言っているかたが多かったです。

サク
サク

飲んでみたい♡

4月20日の発売日には、早めにコンビニに行くのがいいかもしれませんね。

まとめ

アサヒから、4月6日にスーパードライ生ジョッキ缶が先行発売されましたが、8日には供給が間に合わず一時販売停止になりました。

その間に購入して飲んでみたひとたちがツイッターで感想をつぶやいていました。

冷やしすぎると泡立ちにくいことや、通常のスーパードライとは味が違うように感じるということがわかりました。

そして、多くの人が「美味しい」とコメントしています。

20日にはまた生ジョッキ缶の販売が始まりますので、購入を考えているかたはコンビニをチェックしてみてくださいね。

今回は「アサヒスーパードライ生ジョッキが爆売れ!飲んだ人たちの感想は?」と題して、アサヒから先行発売されたスーパードライ生ジョッキが爆売れしたことと、生ジョッキ缶を購入して飲んでみた人たちの感想をお伝えしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました