auCM2020の曲タイトルは?バンド名とプロフィールも知りたい

CM
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

auのコマーシャルが2020年になって新しくなりました。

おなじみのキャラクターが勢ぞろいして豪華ですね。

バックに流れる曲もかっこよくて「誰が歌っているの?」と、気になっている人も多いのではないでしょうか?

今回は「auCM2020の曲タイトルは?バンド名とプロフィールも知りたい」と題して、auのCM2020年版の曲のタイトルと、バンド名、プロフィールをご紹介したいと思います。

auCM2020の曲タイトルは?

まずは、CMを見て曲を聴いてみましょう。


気分がアガる曲ですね!

このBGMの曲タイトルは「みんな自由だ」です。

どこかで聞いたことのあるメロディだと思いませんか?

元の曲はスコット・ジョプリン作 曲「The Entertainer」で、これをアレンジしたものとなっています。

もとの曲も素敵ですが、アレンジした曲も明るく勢いがあっていいですね。

これを歌っている人たちはいったい誰なんでしょうか?

調べてみたのでご紹介したいと思います。

バンド名とプロフィールも知りたい

 

歌っているのは、Half time Old(ハーフタイムオールド)というバンドです。

Google 画像検索結果: https://skream.jp/news/assets_c/2019/12/hto_main-thumb-700xauto-115767.jpg

ボーカルとギターを担当している鬼頭大晴(きとう まさはる)さんがすべての楽曲の作詞と作曲を担当しています。

鬼頭大晴さんは 1月1日生まれ、血液型AB型。好きなアーチストは好きなアーティストは、セカイイチ、FoZZtone、サザンオールスターズ。

ギター、コーラス担当は小鹿雄一郎(おじか ゆういちろう)さん。
小鹿雄一郎さんの好きな飲み物はカルピスで、好きなアーティストはLUNKHEADとオアシス。

ベースは内田匡俊(うちだ まさとし)さん。

内田匡俊さんの詳細は不明です。

ドラム担当は阪西暢(さかにし よう)さんです。

阪西暢さんの好きなアーティストは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONと星野源。

鬼頭さん以外は誕生日が不明で、身長などの詳細もわかりませんでした。
また詳細がわかりましたら追記していこうと思います。

Half time Oldの経歴

Half time Oldの経歴を簡単に説明すると、グループは2011年に結成されました。

最初は鬼頭大晴さんと小鹿さん、元Baだった鬼頭築さんの3人でした。
その後、サポートメンバーとして参加していた阪西さんが正式加入。

2015年にBaだった鬼頭築さんが脱退。その後内田匡俊さんを迎えての活動となったようです。

「イナズマロックフェス」の出場を賭けた「イナズマゲート2013」で優勝した経験があり、「イナズマロックフェス2014」ではオープニングを飾りました。

また「COUNTDOWN JAPAN」の出場を賭けた「RO69JACK 14/15」でも優勝した実力の持ち主。

2019年には大型フェス「FEEDOM NAGOYA 2019」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」へも出演しました。

Half time OldのPV「アウトフォーカス」はYoutubeで250万回以上再生されていて、大注目を浴びているロックバンドです。

2020年の1月1日は、auのCM開始とボーカルの鬼頭大晴さんの誕生日が重なって、ツイッターでは喜びの声がたくさん上げられました。

まとめ

auのCMは人気があり、音楽もとても注目されていることが今回の調べでよくわかりました!

そして、今回音楽を担当したHalf time Oldは、数々の難関を突破してきた実力派バンドだということも知ることができました。

これからもどんどん活躍していくことでしょう。楽しみですね!

今回は「auCM2020の曲タイトルは?バンド名とプロフィールも知りたい」と題して、2020年のauのCMの曲タイトルと、バンド名、プロフィールをご紹介しました。

それでは、今回もお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました