日清TVCMの監督は誰?プロフィールや出身高校・大学も知りたい

CM
afra32 / Pixabay
スポンサーリンク

いつも斬新なCMで話題になる日清カップヌードルのCM。

一体どんな人が作っているんだろう?と気になっていました。

今日、ツイッターで日清のCMについて「私が監督をしました」というつぶやきを見つけたので監督について調べてみました。

今回は、日清カップヌードルのCMを監督しているかたのプロフィール、出身高校や大学についてお伝えしていきます。

日清TVCMの監督は誰?

日清カップヌードルのCMを監督しているのが、渡邉直(わたなべ なお)さんです。

山形県出身、1985年2月19日生まれの37歳。

東京都目黒区にあるGLASSLOFTに所属しているクリエイターでもあります。

渡邉直さんの最新の日清カップヌードルCM作品はこちらです。


以前に気になってたこちらの作品も渡邉直さんが監督したものでした。

毎回感じますが、クセ強めですね~~!

「なにこれ~?」と感じた、インパクトの強い日清カップヌードルのCMはほとんどが渡邊直さんの監督作品でした。

ツイッターでも日清のCMは話題になっていました。

確実にファンが増えていますね!

プロフィールや出身高校・大学も知りたい

渡邉直さんの出身高校と大学、卒業後の活動についてもご紹介します。

高校は、日本大学山形高校を、大学は日本大学芸術学部放送学科を卒業しています。

その後、2007年4月にT.Y.O. SASSO Filmsに入社。

1年後の2008年4月に独立しました。

2017年の9月にTAIYO KIKAKU Schoolに所属。2020年10月にはGLASSLOFTに参加しています。

GLASSLOFTとは、広告や映像の世界で活躍する専門分野の異なるクリエーターをサポートするマネージメントオフィスです。

渡邉直さんは、2018年からFoorinの「パプリカ」ダンスMVや多くのMVやテレビCMを手掛けてきました。そのなかには日清カップヌードルのCMも多数あります。

賞も受賞していて、2018年には「2018 58st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSシルバー フィルム部門受賞」

2019年には日清焼そばU.F.O.「マキシマムザ輝夜月2」で、第56回ギャラクシー賞と奨励賞を受賞しています。

2021年には日清食品ホールディングス「カップヌードル シーフードヌードル」ほぼイカ登場篇にて2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS ACCシルバーを受賞 しました。

枠に捉われない発想と斬新なアイデアがコアなファンを生んでいる渡邉直さんの作品。

これからの活躍も楽しみです。

日清TVCMの監督は誰?のまとめ

毎回テレビに釘付けになるCMを発表する日清カップヌードル。

テレビCMを監督しているのは、山形県出身の37歳、渡邉直さんです。

渡邉直さんの出身高校は日本大学山形高校。大学は日本大学芸術学部放送学科を卒業されています。

卒業されてからは多くのMVやCMを手がけ、賞も受賞されている実力者です。

日清カップヌードルは新しいCMが出る回転も早く、毎回強いインパクトを与えるものばかりです。おかげで商品名を忘れることなく、広告効果はばっちりと言えるのではないでしょうか。

今度はどんなCMがテレビで流れるのかと楽しみです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました