鈴木亜美の歌がヘタすぎるw生放送の動画で検証!ネットの評価も紹介

アイドル
Ri_Ya / Pixabay
スポンサーリンク

鈴木亜美さんが、5年ぶりにオリジナル曲を発表し、話題になっています。

台湾の映画「初めての珈琲」の主題歌の曲名は「Drip」で、作詞も鈴木亜美さんが手がけました。

9月7日にはMVがYouTubeで公開されます。

鈴木亜美さんが映画の主題歌を歌うというニュースに、ヤフーニュースのコメントでは「歌がヘタなのに」という声がたくさんありました。

鈴木亜美さんは歌がヘタだったのか、確かめてみたかったので以前の動画で検証してみました。また、鈴木亜美さんの歌唱力についてSNSではどんな評価なのかもご紹介します。

鈴木亜美の歌がヘタすぎるw生放送の動画で検証!

鈴木亜美さんが生放送で歌っている動画がありました。

鈴木あみ 生放送「white key」(1998年12月)

1998年12月のクリスマスの番組です。

タイトルは「white key」

CDが50万枚も売れたヒット曲です。

音程が不安定で、聞いていてハラハラしますね。

やはりごまかしのきかない生放送で聞くと、歌がうまいとは言えないという感想を持ちます。

「鈴木亜美は歌がヘタ」というイメージを持っているかたはこの頃の印象が強いのではないでしょうか。

鈴木亜美の歌がヘタすぎるwネットの評価も紹介

ヤフーニュースへのコメントも総じて「歌がヘタ」というものが多くありました。

そんなに歌上手くないのに…..

 

ASAYANから観てたが歌唱力は昔からない印象。

 

この方 歌手となのれるほど 歌上手くないとおもう。デビュー当時から 聞いてたけど はっきり言って音痴

 

昔はアイドルだったけど色んな問題を起こして裁判になって干されて今は激辛料理タレントという謎の復活をしてるのが面白い
歌唱力は昔からない

 

お世辞にも歌唱力があるとは言い難いが、若い頃より素敵な女性になっているので頑張って貰いたい。
別に歌に拘らなくていいとは思うが。

 

「キレイ」「可愛い」「魅力的」という声もたくさんあったのですが、歌に関しては辛口の評価が目立ちました。

和田アキ子さんから「歌、下手だよね?」と目の前で言われたこともあったようですね。

歌唱力ではあまり評価されていない鈴木亜美さんが、なぜ台湾から歌のオファーがきたのかは
わかりませんでした。

詳細がわかったら、また追記したいと思います。

鈴木亜美の歌がヘタすぎるwのまとめ

鈴木亜美さんが、5年ぶりにオリジナル曲を発表し、話題になっています。

曲名は「Drip」で、作詞も鈴木亜美さんが手がけました。

鈴木亜美さんが映画の主題歌を歌うというニュースに、ヤフーニュースのコメントでは「歌がヘタなのに」という声がたくさんありました。

鈴木亜美さんは歌がヘタだったのか、1998年の生放送での歌番組の動画を見てみたところ、やはり音程が不安定で、決してうまくはない印象でした。

SNSでの評価も「歌がヘタ」「歌唱力はない」「はっきりいって音痴」という声がありました。

でも「キレイ」「可愛い」「魅力的」という評価も多く、頑張ってほしいという声もあったので、これからの活躍も期待したいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました