H ZETTRIO(ゼトリオ) のライブ雰囲気は?参加時のオススメ服装も!

hzettrio
stux / Pixabay
スポンサーリンク

H ZETTRIOは2019年、毎月新曲を配信するという活動を成し遂げましたが、引き続き2020年も毎月新曲が発表されるようです!

それにともなって、全国ツアーも予定されており、ホールツアーとライブハウスツアーがあります。

今回は「H ZETTRIO(ゼトリオ) のライブ雰囲気は?参加時のオススメ服装も!」と題して、
H ZETTRIOのライブの雰囲気と参加時のおススメ服装をご紹介したいと思います。

H ZETTRIO(ゼトリオ) のライブ雰囲気は?

Free-Photos / Pixabay

H ZETTRIOのライブに来る客層はとても幅が広いです。

H ZETT Mさんが以前、子供向けの音楽番組をやっていたことがあり、楽器をやっている子供たちのファンも多くいます。

また、その親にあたる30~50代が一番ファン層としては多いと思います。

さらに、ジャンルがジャズということもあって、そのさらに親の年代にも人気があり、ライブ会場には家族連れや、祖父母と孫といった世代を超えたファンも見受けられます。

ファン同士のつながりも強く、ツイッターでの交流をきっかけにライブ会場で顔合わせという光景もよく見られます。

いろんな年齢層がいますので、総じてマナーを守るおとなしめの雰囲気だと思います。

また、H ZETTRIO自体が「ライブを心地よく楽しんでもらいたい」というスタンスなので、とにかくみんな気持ちよく音楽に浸ることを第一にしています。

音楽を楽しむという点で少し注意点があるのですが、メンバーは、手拍子も音楽の一部と考えていて、指示があるとき以外は、手拍子を控えてほしいとファンにお願いをしています。

リズムが途中で変わる曲もたくさんありますし、楽器を奏でる側からすると手拍子されると演奏に支障をきたす場合もあるようです。

H ZETTRIOのライブに初めて来たので知らなかった、という方もよくおられます。
「こんなにノリのいい曲なのに、なぜみんな手拍子しないのだろう」と感じるかもしれません。

禁止ということではないのですが、できれば浸透してほしいというメンバーの気持ちを察して、手拍子はドラムのH ZETT KOUさんの指示があった時のみにしてほしいです。
(実際、最初から最後まで同じテンポで手拍子をとれるような曲はあまりありません)

あとは、ステージを心から楽しむのがH ZETTRIOのライブの一番の楽しみ方です。

ライブが終わったあとにはメンバーが無事に終わったことを写真つきでツイートするので、それにライブの感想などを返すと、読んでくれて簡単な絵文字を返してくれます(これは決まり事ではなく、あくまでも好意です)

ツイッターをしている方は、ぜひライブ後に感想をツイッターで伝えてあげてください。

【LIVE映像】H ZETTRIO / Neo Japanesque [H ZETTRIO TOUR 2019 –気分上々– @神奈川県ハーモニーホール座間]

参加時のオススメ服装も!

StockSnap / Pixabay

H ZETT MさんとH ZETT KOUさんは帽子をかぶっているので、ファンとしてもつい似たような帽子をかぶりたくなるのですが、ライブ会場ではとてもじゃまになるので帽子は取りましょう

ホールでのライブは好きな恰好でいいと思います。
遠方から行った場合は、移動で疲れてることもありますのでなるべくラクな服装がいいでしょう。

ライブハウスの場合は、立っている時間は意外と長いです。
ライブハウスが開場になるまでの間、並んで待っていますし、ライブハウスに入ってからも開演になるまでさらに立って待つことになります。

公演が2時間だとしても、3時間以上は立ちっぱなしになります。ヒールの高い靴だとほぼ確実に足が痛くなるでしょう。
なるべく履き慣れたラクな靴で出かけてください。

また、大きなバッグは邪魔になりますので、ロッカーを利用したり、足元におけるものを。

ドリンクがある場合は、始まる前に飲んでしまうか、公演が終わってからのほうがこぼす心配がないですね。

 

まとめ

とにかく、余計なことを考えずに音楽に集中できるのが一番です。

リラックスできるといってもジャージだとかえって気になってしまうでしょう。
ラクで少しおしゃれにも気を使った服装で、足が疲れない靴で、人にぶつからないカバン。

あとは会場一体となって音楽を楽しむ気持ちがあればOKです。

今回は「H ZETTRIO(ゼトリオ) のライブ雰囲気は?参加時のオススメ服装も!」と題して、
H ZETTRIOのライブの雰囲気と、参加時のオススメ服装をご紹介しました。

それでは、今回もお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました