篠原涼子と市村正規|離婚理由は新型コロナ?SNSではいろんな憶測

俳優
stevepb / Pixabay
スポンサーリンク

女優の篠原涼子さんと俳優の市村正規さんが離婚することが明らかになりました。

篠原涼子さんは47歳、市村正規さんは72歳。お子さんは男の子がふたり。中学1年生の長男と小学4年生の次男です。親権は市村さんが持つということです。

今回の離婚はどのような原因があったのでしょうか?またそれについてネットではいろんな憶測が飛び交っています。

今回は「篠原涼子と市村正規|離婚理由は新型コロナ?SNSではいろんな憶測」と題して、俳優の篠原涼子さんと俳優の市村正規さんが離婚した理由は新型コロナなのか?離婚についてネットではいろんな憶測がされていることをお伝えします。

篠原涼子と市村正規|離婚理由は新型コロナ?

離婚の発表があったのは7月24日です。

女性週刊誌の記者によると、篠原涼子さんと市村正規さんの別居が報じられたのは2020年の8月でした。

当時の篠原さんのコメントでは、ドラマの撮影で大勢の人と接することからコロナ対策として別居をしているという説明でした。

家族への感染予防のために一時的な処置として、自宅近くのマンションでひとり暮らしをしているというのです。

撮影が終了する8月下旬には自宅へ戻るという説明をしていましたがそのまま別居は続き、今回の離婚発表となりました。

コロナ対策の別居というのは表向きで、この頃からふたりの関係には修復できないものがすでにあったのかもしれませんね。

2014年に市原さんが早期の胃がんであることが公表されたときには、篠原さんは献身的にサポートをしていて、おしどり夫婦であると思われていました。

しかし、2018年頃には篠原さんが深夜に年下男性との会食を報じられたり、江口洋介さんとのスキャンダルが出たこともありました。

このことについて市村さんは、ご自分も若いころに女性関係でトラブルを起こしていたこともあり、女優としての篠原さんにとっては多少の火遊びも必要だろうという考えでで容認していたようです。

 

篠原さんは市村さんについては、今でも尊敬していると次のようにコメントしています。

舞台俳優の市村さんからは結婚する前も、してからも学ぶことばかりで尊敬の念にたえません

この姿勢は今もこれからも変わる事はありません。私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました

引用:ヤフーニュース

市原さんのコメントも発表されました。

同業だからこそ理解し合えること、また何より私も女優篠原涼子の一ファンとして、彼女がより一層女優として輝き、母としても生きていく道を歩ませたいという思いに至りました

引用:ヤフーニュース

女優としていっそう輝くことを願っているということは、新しい恋人の出現などがあり、自分は身を引くという決心をしているようにも聞こえますね。

 

子供のことに関しては、お互いに父親母親としてこれからも子供たちと繋がっていくことを約束していました。

中学1年生と小学4年生はまだまだ親の助けが必要な年齢です。

親権をもつ市村さんには、これからもぜひ体に気をつけて元気でいてほしいですね。

サク
サク
70代だし、不安だろうな。

SNSではいろんな憶測

ふたりの離婚に関して、SNSではいろんな憶測や意見がつぶやかれています。

美談にしているけど、本当にお互いが尊敬して、これからお互い助け合っていけるなら、離婚って選択には至らない。

 

子供達も父親を選ばざるをえなかったんでしょうね。女優業とはいえ、1年間も別居されたらこの年齢の男の子なら察知しますよ。

 

よく芸能人は円満離婚って双方から発表されるけど、本当に円満であれば、離婚はしないと思うけどね。
結局は篠原涼子の不倫騒動が引き金になったと云う感じだね。
市村正親さんは大人のコメントをしているよ。

 

母には新しい彼氏がいるんやろう。
略奪するくらいやしな。
何より子供さんが気の毒やな。

 

美談すぎて誰もが直ぐ納得するような文面ではないですね。
市村正親さんが、言えないほど胸に納め
かなり大人な対応をしたのだと思います。
子供さんが居ても50歳手前で自由になり
女として生きていく事を選択したのよね

 

円満でないことはわかる。
略奪婚だし。

 

70代で中学生と小学生の父子家庭
いつ何があってもおかしくない高齢
実際癌も経験されてるし
自由と言えば聞こえは良いが…。

 

夫を支え子を育てって自分を後回しにする事が多いから結構我慢が多い生活。外で仕事があってしかも周りから持ち上げられる女優業、あ、私生きてる♫の充実感。
別居すれば一人の身軽さに晴れ晴れするのは当然。まして略奪癖のある人は自分本位だし

 

市村さんと篠原さんが知り合ったのは2001年、蜷川幸雄演出の舞台『ハムレット』で共演したときでした。

市村さんと前妻は2002年からの別居を経て2003年に離婚。その原因は市村さんの女性関係にあったということです。

そして市村さんと篠原さんが結婚したのは2005年。

このような理由から「もともと略奪愛だったので、自分本位だろう」と言われるようです。

70代で胃がんの経験もある市村さんが、これからふたりの子どもたちを育てていくのは大丈夫なんだろうかと心配になりますが…。

このような場合、子どもの意思が尊重されることが多いようなので、子どもたちが市村さんのところに留まることを決めたのかもしれませんね。

サク
サク
別居中子どもたちはお父さんといたみたいだしね。

 

篠原涼子と市村正規|離婚理由は新型コロナ?のまとめ

女優の篠原涼子さんと市村正規さんが7月24日に離婚を発表しました。

中学1年生と小学4年生のふたりの男の子がいますが、親権は市村さんが持つということです。

昨年から別居が報じられ、篠原さんはマンションでひとり暮らしをしていましたが、その理由はコロナ対策のためと説明していました。しかし離婚に至ったことで、もっと重大な理由があるだろうと思われます。

SNSにはふたりの離婚に対して、様々な意見がつぶやかれています。よその家庭のことなので、周りが口出しすることではないですが、子どもたちの生活に影響がないことを願っています。

今回は「篠原涼子と市村正規|離婚理由は新型コロナ?SNSではいろんな憶測」と題して、女優の篠原涼子さんと俳優の市村正規さんが離婚を発表した理由は新型コロナではないだろうということと、SNSではいろんな憶測が飛び交っている状況であることをお伝えしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました