J.Y.Parkが日本語が上手なのはなぜ?マスターした期間は?

気になる人物
スポンサーリンク

韓国の音楽プロデューサーJ.Y.Parkが、とても流暢に日本語を話すので驚いています。

日本人でも思うのですが、日本語って覚えるのがとても難しいと思います。

J.Y.Parkはどうやって日本語をマスターしたのでしょうか。どれくらいの時間で覚えることができたのかも気になります。

今回は「J.Y.Parkが日本語が上手なのはなぜ?マスターした期間は?」と題して、J.Y.Parkが日本語がとても上手な理由と、日本語をどれくらいの期間でマスターしたのかをお伝えします。

J.Y.Parkが日本語が上手なのはなぜ?

J.Y.Parkが日本語が上手な理由。

それは、現在取り組んでいるNizi Projectに関して、強い想いがあるからです。

J.Y.Parkはスピーチのまえにこのように語っていました。

日本語で話を始めて驚かれましたよね?記者会見の時に使いそうな言葉だけ、集中的に習ったので、私が日本語が上手だって勘違いしないでください(笑)

謙遜していますが、とても丁寧な日本語を上手に使っています。

また、文章を丸暗記している様子もありません。単語の意味を理解して、使いこなしています。

まずは、彼の日本語を聞いてみましょう。

彼は、Nizi Projectに関して真剣に取り組んでいるので、日本語も真剣に学んでいるようです。

私がどれだけこのプロジェクトを大切に考えていて、このプロジェクトに胸をときめかせ、情熱を持っているかということを、みなさんに伝えたいという思いが強かったので、全て日本語でプレゼンしました

 

音楽に関しては、歌だけで機能するものではないと思っていて、歌で与える感情ももちろんありますが、例えば歌手が歌い終わった後に話した言葉や、インタビューで語っていることなど、そのアーティストの言葉や生き方、人生を感じることによって、より感動が深まると思います。だからその国の言葉で、コミュニケーションが取れるということは、共感をそれだけ深めることができるということです。今まで言葉の問題で、共感を深めることができないもどかしさを感じていたので、その部分については意欲を持ってやっていきたいと考えています

 

J.Y.Parkは、日本人をプロデュースしていくうえで、日本の言葉を理解して意思疎通を図っていく必要があると感じたので、日本語をマスターしたのです。

それだけこのプロジェクトに本気で臨んでいるのだということが周りの人にも理解できます。

J.Y.Park自身がそのような努力家だからこそ、アイドルたちも必死でついていこうという気持ちになるのでしょうね。

マスターした期間は?

 

ひとつの語学をマスターするとなると、普通はかなりの期間を要します。

単語のひとつをその国ではなんというか、覚えなければなりませんし、日本語は文法も複雑です。

整った文章に組み立てて話すという技はかなり高度なものになると思います。

J.Y.Parkはとても上手に日本語を話していますが、彼が話しているように必要と思われる言葉から集中的に習ったのでしょう。

Nizi Projectのために日本語を勉強していると語っているので、このプロジェクトの話が出た頃から、おそらく1年未満の短期間の間に覚えたと思われます。

J.Y.Parkのスケジュールは多忙で、日本語を学ぶ時間もそんなにはたっぷりとれないと予測されます。

スキマ時間を有効活用して、日本語を覚えていったということなんでしょうね。

そうなると、日本語を教えている人も上手なのでしょうし、J.Y.Parkの理解力、記憶力もすごいですね。

サク
サク

かなり頭のいい人なんだと思いました。

J.Y.Parkなら「最短、最速で日本語をマスターする方法」を紹介してもビジネスできるんじゃないかと思いました。

こちらもどうぞ

J.Y.Parkは理想の上司?人を育てるテクニックがすごいと評判
韓国のアイドルグループをプロデュースするJYPエンターテインメントの創始者、J.Y.Park(パク・ジニョン)の人気がどんどん上がっています。 2PMやTWICEなどを輩出してきた彼ですが、その人材育成方法がすばらしく「こんな上司なら...

まとめ

今や韓国でも日本でも超有名人になったJ.Y.Parkですが、その流暢な日本語を聞いて多くの人がびっくりしました。

日本語をマスターした理由も、彼らしく「その国の言葉でコミュニケーションをとれることで共感できる」というものでした。

本当にまじめで真摯な人柄なんですね。

今回は「J.Y.Parkが日本語が上手なのはなぜ?マスターした期間は?」と題して、J.Y.Parkが日本語を上手に話す理由や、マスターするまでにかかった期間についてお伝えしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました