坂井泉水(ZARD)の命日にWeb献花ができる?ライブ映像も公開

気になる話題
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

ZARDの坂井泉水(さかい・いずみ)さんの13回目の命日は5月27日です。

亡くなったのは2007年。

例年の命日では、坂井さんにゆかりのある六本木と大阪の北堀江に献花台が設置されていましたが、2020年はコロナウィルスの影響をうけて献花台は用意されません。

その代わりとしてWebを使った献花をすることができるようになります。

今回は「坂井泉水(ZARD)の命日にweb献花ができる?ライブ映像も公開」と題して、坂井泉水さんの命日にWeb献花をする方法と、ライブ映像も公開されることをお伝えします。

坂井泉水(ZARD)の命日にweb献花ができる?

ArtTower / Pixabay

例年のように献花台を設置することができないので、13回目の命日になる今年はZARDの公式サイトにWeb献花ができるページが設けられます。

時間は2020年5月27日の正午からになりますので、時間までお待ちください。

ZARD Official Website – WEZARD.net
B-Gram RECORDSによるZARDのオフィシャルサイト。

 

例年の命日は設置された献花台に多くのファンが花を手向けに訪れています。

2019年の命日のファンのツイートがありました。

亡くなって13年も経っても、ファンの気持ちが色あせることはないんですね!

ライブ映像も公開

suju / Pixabay

ZARDが5月31日までの期間限定ということでYouTubeで17曲分のミュージックビデオとライブ映像を公開していましたが、特に人気の5曲の映像公開を継続することを決定しました。

その5曲は

「負けないで」

「揺れる想い」

「マイ フレンド」

「心を開いて」

「Don’t you see!」

 

サク
サク

いずれも名曲ですね。

 

歌によって励まされた、勇気が湧いたという声が多く聞かれるZARDの曲。

曲や映像はいつまでも残って、それが多くの人の力になるってすごいことですね。

まとめ

まだ40歳という若さで亡くなったと聞いたときはとてもショックでした。

ZARDのファンの人たちの落胆は相当なものだったでしょう。

今回、献花するために集まることはできませんが、公式サイトにWeb献花ができることはファンは嬉しいと思います。

また、ファンを想って配慮してくれた公式サイトの思いやりも嬉しいですね。

今回は「坂井泉水(ZARD)の命日にweb献花ができる?ライブ映像も公開」と題して、坂井泉水さんの命日5月27日にWeb献花が公式サイトでできることと、期間限定だったライブ映像の公開が延長されることをお伝えしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました